英会話 英会話教材

  • 世界13カ国、39万人が体験した【七田式】の英会話新メソッドを学べば・・・
→ わずか1ヶ月ほどでお子さまの口から英語がポンポン飛び出す!?
「日本文芸アカデミー賞受賞」「社会文化功労賞」「国連世界平和賞」を受賞した、全世界で認められた七田式メソッドを使えば・・・。
1日たったの7分。子供ならみんなが持っている「英語のスイッチ」を入れてあげれば、子供が勝手に英語を話し始める!?
  • 「CDを聴かせて4日目にはWOW!!と何度も口に出した」
  • 「まだ幼稚園なのに単語だけじゃなくてフレーズも喋った」
  • 「びっくりするほどキレイな発音で英語を真似するんです」
35日完結バイリンガル英語脳プログラム!7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)

一人でも出来る英会話上達のポイント

 

英会話は言ってしまえばリスニングとスピーキングの組み合わせです。その2つのスキルを磨けばぐんぐん英会話力は伸びます。

 

英会話上達には、留学やネイティブとの会話レッスンが必須と考えていた人は驚くかもしれませんが実はそれらはオプション的なもので、あればいいといった感じです。それよりも重要なことがあるのでチェックして行きましょう。

 

英会話 勉強方法(1)-繋がる単語をチェックしよう

これは日本語の会話でも同じですが、相手の言っている事を理解できなければ、自分が次に何と答えればいいのか分かりません。なので、まずはリスニングのスキルを上げる事が、英会話上達を大きく助けるでしょう。ではリスニング上達の際気をつけたいことの1つが、”すべての単語を聞き取ろうとしない”こと。というのも、英会話ではどんなに耳を澄ませても絶対に聞こえない部分というのがあるのです。ですから、1語1語聞き取ろうとすると絶対に迷子になります。
例えば I woke up late because I had forgotten to set my alarm clock

 

日本人が苦手な過去完了の文章ですが、おそらくネイティブが発音すればwoke upは繋がってupという音は聞き取りにくく、I hadも繋がるのでhadは聞こえずかろうじてdの音が聞こえるだけでしょう。このように、英語の発音には特徴があるので、リスニングの練習の際はすべての単語を聞き取るのではなく、この連結した音を覚えましょう。

 

英会話 勉強方法(2)-筋トレをしないと舌は動かない!

頭の中に文ができあがっているのに正しい音を出せない人の原因は間違いなく筋トレ不足です。そんな人にはアルファベットA~Zを発音する練習をお勧めします。アルファベット1文字でもネイティブの発音と日本人の発音は全く違います。英語のフレーズはすべてアルファベットの連結ですから、アルファベットの発音を練習するだけで発音が大分楽になります。

 

 

 

七田式英会話7+English(セブンプラスイングリッシュ)

 

英会話学習法記事一覧

相手がいないと出来ないと思われがちな英会話の練習ですが、実は家で1人で独学で学習できる部分も大きいです。今回は、一人で出来る英会話の勉強法をご紹介していきます。独り言のようにブツブツ英語をつぶやく英会話上達の第一歩は、身の回りの出来事を英語で説明してみるクセを付ける事です。今、紅茶を飲みながら英語で映画を見ているのなら、その状況を英語で説明してみましょう。スラスラと出て来るのなら問題ありませんが、...

「英語手帳(2019年版)」英会話フレーズ、単語を自然に覚える

トップへ戻る